国境の向こう側~腕力神主の苦悩

「信長の野望online」真紅鯖(旧烈風)で生活中の神典神主の戯言

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶イザぽっぽ乱射徒党

■「ぽっぽ乱射徒党ですが」、、、とお誘いを受けて参加してみました。

構成:能楽(党首)、鎧鍛冶、忍法、忍法、忍法、忍法、神典

個人的には術徒党でばかり動いてましたがこのぽっぽ乱射徒党は屋外作業が物凄い楽(´・ω・`)
なるほど!鉄砲の乱射より消費気合が少ない乱れ吹矢なので戦闘終了後は傾奇の大団円で気合はほぼ満タンに近いくらい回復されてて私は能楽さんへの与生気だけ。
吹矢の痺れ効果で盾鍛冶の負担も少ない感じなので生命がゴッソリ減ってるって事も無かったかな。
その能楽さんも「生命半分くらいまでは不要ですw」な感じなので釣りもかなり早いです。
皆さんはこの構成でかなり慣れてるようで問題なく動いてましたが久々な私は序盤かなり戸惑いました。
nob905071.jpg
久々に三貴神使いました。覚醒進めてないので威力的には忍法さん達の掃除係、、、とはいえそれでも残るけどね(*´д`;)

1丹時間で5週して残り丹時間をネズミ2体ほど狩り終了な 感じ。
nob905082.jpg
覚醒値もかなり稼げていて予想より早く神降の覚醒付与効果皆伝する事が出来ました。

これで前々からの計画だった光矢の威力MAXに続いて神降付与効果MAXを果たせました。
次は神の手弐あたり行こうかな?
がっつり腕力アップの覚醒進めたい気持ちもありますがまだまだ迷う所です。






にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

COMMENT▼

神降付与皆伝おめでとうございます^^
私はいつも乱射徒党で凶変行きますが、援護=自分+鉄砲忍法の人数、空蝉=忍法の人数なるから術より意外に安全だったりと思うし、実は術乱より好きだったりします。。。w
だが風雲鯖では術乱徒党しかおらんくて乱射は自分で党首しないとなかなか募集ない罠です(´・ω・`)ショボーン

矢にもよると思うけど、あそこで三貴で2000↑出てるなら十分な戦力になってるですよぅ♪

>鳳雛寺さま
ありがとうございます^^
乱射徒党は与生気要員と割り切って参加していますが、過去に屋外作業での協力をお願いしても得られない事が何度かありまして、それ以来覚醒稼ぎは術徒党寄りで動いています。

威力はまんま追風効果ですw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://giru55.blog8.fc2.com/tb.php/588-e62c044d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ギル

  • Author:ギル
  • 名前:西武門 龍徳
    (にしんじょう たつのり)
    職業:神主(腕力5器用10残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:神典
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉嘉
    (にしんじょう るか)
    職業:陰陽(知力10魅力9)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:仙論
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:喜屋武 マリー
    (きゃん まりー)
    職業:侍(知力7魅力8残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:上級軍学
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉杏
    (にしんじょう るあん)
    職業:僧
    LV  :63
    所属:朝倉家
    身分:奉行
    特化:密教秘術
    一門:日向一族
    ■■■■■

    名前:喜屋武 光瓏
    (きゃん ばいろん)
    職業:鍛冶
    LV  :62
    所属:武田家
    身分:与力
    特化:鎧
    一門:アヤネ兄貴
    ■■■■■

    ■知人の言葉
    「勝てない理由を探すのは楽なのだけど 勝てる根拠を探して作り出す方がどうせやるなら楽しいと思えるんだ」
    この精神を追いかけながら日々あまはいくまはい。



最近の記事+コメント

信ON LINK

管理人用


FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。