国境の向こう側~腕力神主の苦悩

「信長の野望online」真紅鯖(旧烈風)で生活中の神典神主の戯言

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生忘れないだろう光景

■本日いわゆる「慰霊の日」で職場は休み。
 俺はこの日が 「慰霊の日」である事に反対派の人間のひとり。
 両親は追悼式典へ参加。
 正午のサイレンを聞くと又ある光景が鮮明に浮かぶ。

↓ 以下お得意の憂鬱な戯言。 ※※※※※
約10年前の6月23日
お袋が突然『救急車呼んでー!』と凄い剣幕で家に駆け込んできた。
救急車を呼んだ後、隣の家の道場で騒ぎが起きてるので駆け込む。
隣の道場で見た光景・・・
腹部にナイフが刺さって唸ってる知人。殴られて押さえ込まれてる男達・・・・・
何なのか解らず側へ寄ると「お願いだからナイフ抜いて」と手首を捕まれた。
ナイフに触ろうとしたら「抜いたら駄目だ!」と男を押え込んでるどっかの兄さん達が怒鳴る。
すぐ救急車と警察官が来た。
後で聞けば知人の従兄弟とその知人に暴行されそうになって発作的に相手のナイフで自分で刺したと言う。
「沖縄戦の残した物のひとつ」に苦悩してる知人はある意味でその事の被害者なのだ、と誰かが言ってたのを思い出した。

最近、今この人はあの時に絶命していたら後に大病を患って今に至って苦しむ事は無かったのではないか?頭を過る。
何を馬鹿な事が頭に浮かんだのだろうか・・・・・。
今でもあの光景、あの時の知人の瞳は眼に焼き付いて離れない。
これからもまたこの日が近づいて来たらあの景色が眼に浮かぶのだろうと思う。

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://giru55.blog8.fc2.com/tb.php/42-de1aabfa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ギル

  • Author:ギル
  • 名前:西武門 龍徳
    (にしんじょう たつのり)
    職業:神主(腕力5器用10残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:神典
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉嘉
    (にしんじょう るか)
    職業:陰陽(知力10魅力9)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:仙論
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:喜屋武 マリー
    (きゃん まりー)
    職業:侍(知力7魅力8残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:上級軍学
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉杏
    (にしんじょう るあん)
    職業:僧
    LV  :63
    所属:朝倉家
    身分:奉行
    特化:密教秘術
    一門:日向一族
    ■■■■■

    名前:喜屋武 光瓏
    (きゃん ばいろん)
    職業:鍛冶
    LV  :62
    所属:武田家
    身分:与力
    特化:鎧
    一門:アヤネ兄貴
    ■■■■■

    ■知人の言葉
    「勝てない理由を探すのは楽なのだけど 勝てる根拠を探して作り出す方がどうせやるなら楽しいと思えるんだ」
    この精神を追いかけながら日々あまはいくまはい。



最近の記事+コメント

信ON LINK

管理人用


FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。