国境の向こう側~腕力神主の苦悩

「信長の野望online」真紅鯖(旧烈風)で生活中の神典神主の戯言

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空1クリア

■後で追記修正予定・・・

■前日に「国之狭霧神」はクリアしたけれど「天之狭霧神」から倒すって募集無いよねー、、、なんてその時の徒党の人達と話していたら
「空1天/神」なサチコメを見て一応特化指定あるのかを確認→問わないとの事で参加。

構成:鉄砲、武士道、知力武士道、鎧、忍法、医術、神典

どうも鉄砲アタッカー武芸アタッカーがいると古神必須な雰囲気な状況下で党首権限(?)で入れてもらいバー読みしながら詠唱切らさず必死でしたが結構子守が効いてくれたので良かった・・・と内心ホッとしています。

国戦は術忍、天戦は忍法でしたが両戦闘共に忍者の動きが上手だったなーが感想。

■「叢雲大蛇」
2戦挑みましたが「国や天より全然弱いよ!」なんて聞いてたけれどやっぱり強いよこれ('A`)
魅力装備武士道が1を固定、知力武士道が滅却後に沈黙廻したり術準備止めたりを上手く忍者と連携して動いてくれました。
3戦目、2体倒した所から鍛治が動かない。
戦闘中に鍛治回線落ち→死亡→そのまま切断落ち→入り口で復活

・一度倒してから又鍛治さんの手伝いしようか?な事を言った人がいたけれど皆時間的にもうキツイ。
・今回は運が無かったと諦めてもらうしかない、って言う人もいたけど「叢雲大蛇戦」だけで徒党員募集なんてそれこそ今回の「天之狭霧神戦」募集より少ないだろう。
・救援出したら入れるかも?いや、脱党してるから入れないかも。
加えて戦闘中に死亡したまま回線切断して脱党したので生き返った時には大蛇の側じゃなくて入り口に飛んでるのだ!と気づいた。

今までの労力考えると鍛治残してクリアするには不憫だと言う事になって一旦党首が外に出て迎えに行く事に。

@1まで倒し1の生命を1/3まで減らしてから党首一旦戦闘抜けて強行→徒党勧誘→マラソン→再度入る。

今回は武士道2名いた事が幸いだったと思います。
1固定をどちらかが行い、蘇生も忍者と連携で止めて戻るまで粘ります。
今回は鍛治も途中絡まれずに1回で大蛇まで到着出来たのですぐに7名揃い生命半分まで回復してた1を無事倒す事が出来ました。


7名全員クリア出来てよかったと・・・。


やっぱり水神王を倒さないと次領域へは入れないそうです・・・。

COMMENT▼

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://giru55.blog8.fc2.com/tb.php/337-a0fa92ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ギル

  • Author:ギル
  • 名前:西武門 龍徳
    (にしんじょう たつのり)
    職業:神主(腕力5器用10残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:神典
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉嘉
    (にしんじょう るか)
    職業:陰陽(知力10魅力9)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:仙論
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:喜屋武 マリー
    (きゃん まりー)
    職業:侍(知力7魅力8残り耐久)
    LV  :65
    所属:伊賀家
    身分:家老
    特化:上級軍学
    一門:時の回廊
    ■■■■■
    名前:西武門 琉杏
    (にしんじょう るあん)
    職業:僧
    LV  :63
    所属:朝倉家
    身分:奉行
    特化:密教秘術
    一門:日向一族
    ■■■■■

    名前:喜屋武 光瓏
    (きゃん ばいろん)
    職業:鍛冶
    LV  :62
    所属:武田家
    身分:与力
    特化:鎧
    一門:アヤネ兄貴
    ■■■■■

    ■知人の言葉
    「勝てない理由を探すのは楽なのだけど 勝てる根拠を探して作り出す方がどうせやるなら楽しいと思えるんだ」
    この精神を追いかけながら日々あまはいくまはい。



最近の記事+コメント

信ON LINK

管理人用


FC2ブックマーク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。